2016年09月

ボストンから帰ってきました!

conference_2.jpg

 

 

こんにちは。

ちょっとお久しぶりですが

みなさま台風に負けず元気でしたか?

 

早速ですが今日は

9月16日〜20日の5日間に行っていた

The Movable Book Societyの

カンファレンスについて書こうと思います。

 

私にとって怒涛の5日間。

満身創痍だけどなんだか、

強くなった気がする5日間。

 

コンテストの結果は?

どんな出会いがあった?

 

書いていきます。

 

 

The Movable Book Societyのカンファレンス in Boston!

 

まずはカンファレンスは、

泊まったホテルから歩いて20分先の

ボストンパークプラザという

ホテルの大広間で開催されました。

 

少し迷いながらも会場入り口を発見。

間違ったとこに来てないかチェックします。

 

IMG_3663.JPG

 

会場入り口では

ものすごく豪華な朝ごはんが用意されていたのですが

前々日から緊張のあまり

寝られず食べられず腹痛という

ノミ以下の心臓状態でいた私は

あたたかいコーヒーだけいただいて

会場に入りました。

 

IMG_3664.JPG

 

受付を済ませると

このようなネームタグとプログラムがもらえて、

 

FullSizeRender 9.09.03.jpg

 

中にはずらりと並んだ円卓と

それを囲うように配置された長机。

全部で100席以上あると思われます。

 

ここにこれから

アメリカで活躍中のペーパーエンジニアや

デザイナー、イラストレーター、アーティスト、

そして愛好家、研究家、コレクターが集います。

 

なんて興奮する場所!

 

そうこうしていると時間になり、

いよいよカンファレンスがスタートしました。

約13時間にもわたる、

ポップアップの昔と今、そしてこれからを

約11名の講演者によって語られる

貴重な時間が始まります。

 

講演はどれも素晴らしくて、

例えばこちら。

 

conference_4.jpg

 

1996年に作られたもので、

ピザの箱の中に収まったパーツを

一枚一枚畳んでいくと最後に一枚のピザになるというしかけ。

パーツにはそれぞれテキストが書かれています。

 

面白い。ほんとに。

そしてこういうアイデアを、

形にするところまで出来る事が素敵。

 

 

conference_1.jpg

 

そしてこちらは、

ポップアップや切り紙、折り紙の本質を研究して、

科学やデザイン、繊維、アートの分野で

使おうとされてる方の講演。

お話中、何度も日本人の折り紙建築や切り絵、

クラフト作家さんたちの名前が紹介されていて、

全然関係ない私ですが日本人として誇らしかったです。

 

そしてカンファレンスでは講演だけでなく、

サイレントオークションというものも開催されていました。

 

conference_3.jpg

 

アンティークや最新のポップアップがずらりと並び、

私も欲しいものが3冊あったので金額乗せましたが

終了間際で別の方が落札されたみたいで残念です。

 

しかしながら

ポップアップって、

やっぱり子供の絵本だけでとどまれないほどの

魅力と表現の深さがあって、

もっともっと世の中に出てこれるものなんだ!

というのが分かってとても熱くなりました。

 

 

conference_7.jpg

 

そしてこちらはオークション後に開催された販売ブース!

みなさん自分のコレクションや作品、

自費出版の本やカードなどを持ち寄り、

その場で売買していきます。

 

私の作品も、ひとつ売れました!

 

そして気になるコンテストの大賞の発表。

時刻は既に20時を回っていた頃です。

 

緊張しながら発表を聞いていたのですが

残念ながら受賞は逃しました。。。

次点の2作品にも選ばれず、

本当に本当に、くやしかったです。

 

ただ、

同じようにがんばっているエンジニアや

アーティストさんたちに会えたこと、

自分の作品を見てもらって

その反応を生で見聞きできたこと、

人として、ポップアップをつくる者として

これからどうしていくかが

少し気持ちの整理がついたこと、

 

ここに来なければ叶わなかったことばかりで

来て良かったです。

 

悔しいけど。

 

また、次、がんばります。

 

というわけで、

今日の日記はこれで終わり。

 

長い文章を読んでくださって

ありがとうございました。

 

裕美

 

 

≫ 続きを読む

日記   2016/09/28   武田 裕美

コンテスト出品作品を複製中です

kumitate_2.jpg

 

 

こんにちは。

ひとまず台風の影響も落ち着き、

涼しくて爽やかな朝の京都です。

 

さて早速ですが

The Movable Book society主催のコンファレンスが

今月15〜17日にボストンで開かれます。

私は最終日だけ出席する予定なのですが、

そこで少しでも多くの方に作品を見てもらえるように

今複製本を5冊一気ににつくっているところです。

今日はそんな話。

 

 

 

コンテスト出品作品:Sencible Flowersを複製中。

複製っていっても

印刷以外は全て手作業なので、

作業工程やかかる時間には

今の段階ではあまり違いがありません。

 

いかに綺麗に無駄なく間違い少なくつくれるか。

これを追求しつくすためにも

作業効率を上げる必要性を

すごく感じています。

 

 

とりあえずは今の私の最大をぶつけるべく、

まずは5冊、複製!

 

 

kumitate_2.jpg

 

 

途中で直径3mmサイズの

一番小っさいパーツが行方不明になって

冷や汗噴出するなんてこともありましたが(笑)、

今では無事に組み立てが終わり、

その勢いのまま製本までが済んでおります。

 

残すは金色のホットペンでタイトル文字を書くのみ。

ドキドキします。

 

Hiromi

≫ 続きを読む

花のポップアップ   2016/09/09   武田 裕美

ファイナリスト選出のお知らせ

sensible flowers2.jpg

 

 

こんにちは。

 

9月に入ってずいぶんと涼しくなりましたね。

あれだけ嫌だった夏の終わりと秋の訪れを感じた途端、

「今年ももう終わりだなぁ」とか言ってる

年末の自分が見えた気がして

少し焦っております、Hiromiです。

 

さて今日はお知らせを。

アメリカのポップアップのコンテストに応募した話をします。

 

 

メッゲンドルファー大賞・アーティストブック部門の

ファイナリストに選ばれました。

 

遡るは2ヶ月ちょっと前の6月末のこと。

私はアメリカのThe Mobavle Book Society

(ポップアップ作家やペーペーエンジニア、イラストレーター、

グラフィックデザイナー、そして愛好家や収集家たちが集まる団体)

主催の作品コンテストに、

"Clematis" と"Sensible Flowers"の作品2点を応募しました。

 

審査は一次と最終の2段階に分かれていて

一次では応募作品の中から10作品に絞られるのですが、

先日無事、一次審査通過=ファイナリスト選出の連絡をもらいました。

 

 

やった!

 

 

というわけで以下、応募作品の一部です。

見てもらえたら嬉しいです。

 

 

 


 

Sensible Flowers

sensible flowers1.jpg

 

sensible flowers2.jpg

 

 


 

 

Clematis

clematis2.jpg

 

clematis3.jpg

 


 

 

作品には、「今日本人である私が

海外発祥である飛び出すしかけ作品をつくるということ」

に対しての私なりの答えを、

パーツの形や数、中央線からの距離や仕草、余白、

動かさずに留めておいてる部分、色の変化、配色に込めてあります。

 

続く最終審査は9月15日〜17日にボストンで行われる

コンファレンスで発表とのことです。

 

 

さて。

滅諦にない吉報に今一番感じるのは

いつも応援してくれる家族や友達や先輩がたが

自分以上に喜んでくれる事への感謝と幸せ、

そして早くそれを返せるようになりたいという焦りと恐怖です。

 

 

どうなるかなぁ〜。

 

 

なんだか色んな事が重なって心身共にびっくりしたのか

ファイナリスト発表後に夏風邪をひき、

それがまだ長引いているのですが(笑)、

最終審査の結果が出るまでできる事をがんばります。

 

それでは以上、お知らせでした。

 

Hiromi

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/09/02   武田 裕美