お知らせ

東京で買ったペンとインクを使いました

 
oreijyou.JPG
 
こんにちは。
個展から早いもので10日が過ぎ、
でもまだ部屋には解けていない荷物もあり。
私自身だってまだまだ全然
あの4日間の余韻に浸っているところです。
そんななかやっと、
注文していたお礼状の葉書が届きました。
 
 
 
全部で47枚、
ありがとうございましたの気持ちを入魂して
本日ポストに入れました。
 
 
明日か明後日ぐらい?
遅くっても今週中には
個展で住所を頂戴した皆さまに
私からの葉書が一通届くと思います。
 
 
 
誰やこれ!
ってなりませんように。
 
 
 
裕美
 

≫ 続きを読む

お知らせ   2017/11/15   武田 裕美

【for design】設計を担当した型紙がアップされました

 
christmascard_canon.jpg
 
こんはんば。だいぶ朝晩冷えてきましたね。
最近妹が周りの誰よりも早くインフルエンザにかかったので
いつ私に来るか戦々恐々としております、Hiromiです。
さて今日は設計を担当したカードを紹介します。
 
 
 
このクリスマスカード、
私は型紙の設計のみの担当なので
アート面のディレクションには全く入っていない為尚更なのですが、
この机の上でひそひそと作った型紙が
こうして自分では成し得ない色や模様によって
形になったのを見ると本当に興奮します。
 
 
もっと色々な雰囲気の絵やデザインと組み合わさったら
もっともっと面白い表現ができる!
そう想像するだけでワクワクです。
(実現しなくては)
 
 
因みにこの型紙は
Canonクリエイティブパークさまの
こちらのページからどなたさまもダウンロード可能です。
http://cp.c-ij.com/jp/contents/CNT-0021558/index.html
是非印刷して組み立ててみてください。
 
 
では、なんだか本当に寒いですけど、
みなさまも私も風邪ひきませんように!!!
 
 
Hiromi

≫ 続きを読む

お知らせ   2017/11/13   武田 裕美

来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 
DSC03812.JPG
 
私の初個展、東京での初個展、4日間の初個展。
無事に昨日終了いたしました。
 
今感じている色んな種類の気持ちが大き過ぎて
自分の語彙力と体力が全然足りてないのがもどかしいのですが、
本当に今思うことは、
来てくれた方々おひとりおひとりが
なんていい人たちなのだということ、
そして皆さまそれぞれが色んな状況や気持ちで
作品を手にしたり贈ってくださったのだという話を
実際にお会いして伺うことができて私、
おこがましくも「つくり続ける」という役割を
もらった気持ちになってしまいました。
 
 
このままいけるところまで
勘違いしてみようかと思います。
 

またきちんと落ち着いてから
皆さまにいただいた特別で二度とない4日間を
振り返って書こうと思います。
とにかく今はこのお礼の気持ちが伝わりますように。
 
 
来てくださった皆さま、お話してくださった皆さま、
本当に本当に、ありがとうございました。
 

≫ 続きを読む

お知らせ   2017/11/06   武田 裕美

在廊日時のお知らせ

DM_omo_1.jpg
 
11月の展示に向けて準備をすすめるなか、
やっとこさ在廊日時が決まったのでお知らせします。
 
 
 
 
《在廊日時》
2日 16時〜19時
3日 14時〜19時
5日 14時〜18時
 
 
上記の日と時間、
会場にいるつもりをしています。
おやつや散歩で抜け出していたら
ギャラリーの方に言って
容赦なく呼び戻してください。
走って戻ります。
 
 
当日、気持ちのよい
秋晴れの日だったらいいなあ。
 
 
 
 
 
 
 
以下、もう一度展示の詳細です。
↓↓↓
 
Hiromi Takeda 1st Exhibitioin
【 Let You Bloom 】
 
▶︎2017.11.2(木)〜5(日)
Open 12:00  Close 19:00(Last day 〜18:00)
 
▶︎MOUNT tokyo(東京目黒)
https://mount.co.jp/gallery/
 
 
DM_ura_1.jpg
 
 
 
見に来てもらえたら
いとうれし。

≫ 続きを読む

お知らせ   2017/10/12   武田 裕美

展示のお知らせ

DM_omo_1.jpg
 
ちょうど今日から1ヶ月後、
東京のギャラリースペースをお借りして
展示をさせていただくことになりました。
 
今日はそのことについてお知らせです。
 
 
Hiromi Takeda 1st Exhibitioin
【 Let You Bloom 】
 
▶︎2017.11.2(木)〜5(日)
Open 12:00  Close 19:00(Last day 〜18:00)
 
▶︎MOUNT tokyo(東京目黒)
https://mount.co.jp/gallery/
 
 
DM_ura_1.jpg
 
 
この10年ほど、
ひっそりとつくっていた作品を外気や人目に触れさせるという
緊張と不安しかない、そして光栄な4日間。
実際に手にとってご覧いただけるものも用意しますので
あなた自身を咲かせにお越しいただけたら。
 
 
 
 
 
と、ここまではなんか気取って書いて、
ここからはいつも通りに書くと‥
 
 
今回なんせ場所は東京。
知り合いは殆どいないし
まず展示というものを意識したことはあれども
実際にやったことはないので
またしてもお腹の痛い日々です笑。
 
 
ただ、どういうわけか吹き込んできたこの風に乗ってみたら
きっとまた何か動き出すんじゃないかと思いながら
今ヒーハー言いながら準備しています。
 
 
 
1ヶ月後。
何もかも分からないなりに、
(あ、私ってだいたい色々分かってないからいつもか笑)
まずはこの10年の、
ゆっくりだけど進んではいる、という進歩を
見て楽しんでもらえたら。
 
 
 
裕美
 

≫ 続きを読む

お知らせ   2017/10/02   武田 裕美

プロフィールページを増やしました

 

profile.jpg

 

 

こんにちは。

あっという間に師走ですね。

 

まだ年賀状作ってないよ。
その前にクリスマスカードもまだや。
急がなくては。

 

明らかに、こうして日記書いたり
コーヒー牛乳をすすってる場合でない。

 


といいつつ。。。。

ウェブサイトに、プロフィールのページを追加してもらいました。

 

こちら→profileページ

 

しかしながらこういうとき、
自己紹介の文や写真に
どこまで・どんな自分を出して良いのやら迷いますね。

 

賢そうな文章は書けないので
いっそのこと普段の話し言葉通りで書いてみようかと試みたのですが
そうするとあまりにも幼稚で。。

 

だからこそ、
書き言葉、話し言葉、とにかく”言葉”を
うまく使える人を凄く尊敬します。

 

ちょうど先週はM1もあったしね。

 

面白い言葉を放って笑かしてくれる人に
私もなりたい。
(あれ、ポップアップ関係なくなった!?笑)

 


今日も寒いよ。
あったかくして、良い休日を♪

 

裕美

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/12/10   武田 裕美

写真が少し、大きくなりました

 

newpage.jpg

 

窓越しに見えている

数日前までの山々は

「紅葉は意外とまだまだだなぁ」と思わすほど緑だったのに、

今ふとカーテンを開け確かめると

あんなにも橙色になってるなんて。

 

もうすぐ誕生日が来て、

クリスマスが来て、

今年が終わる。

 

 

焦る。

 

 

さてさてウェブサイトのfor artのページ、

写真を少し拡大して載せてみました。

http://hiromitakeda.jp/art

今年のうちにちょこちょこ

バージョンアップしていきます。

お知らせ   2016/11/16   武田 裕美

ファイナリスト選出のお知らせ

sensible flowers2.jpg

 

 

こんにちは。

 

9月に入ってずいぶんと涼しくなりましたね。

あれだけ嫌だった夏の終わりと秋の訪れを感じた途端、

「今年ももう終わりだなぁ」とか言ってる

年末の自分が見えた気がして

少し焦っております、Hiromiです。

 

さて今日はお知らせを。

アメリカのポップアップのコンテストに応募した話をします。

 

 

メッゲンドルファー大賞・アーティストブック部門の

ファイナリストに選ばれました。

 

遡るは2ヶ月ちょっと前の6月末のこと。

私はアメリカのThe Mobavle Book Society

(ポップアップ作家やペーペーエンジニア、イラストレーター、

グラフィックデザイナー、そして愛好家や収集家たちが集まる団体)

主催の作品コンテストに、

"Clematis" と"Sensible Flowers"の作品2点を応募しました。

 

審査は一次と最終の2段階に分かれていて

一次では応募作品の中から10作品に絞られるのですが、

先日無事、一次審査通過=ファイナリスト選出の連絡をもらいました。

 

 

やった!

 

 

というわけで以下、応募作品の一部です。

見てもらえたら嬉しいです。

 

 

 


 

Sensible Flowers

sensible flowers1.jpg

 

sensible flowers2.jpg

 

 


 

 

Clematis

clematis2.jpg

 

clematis3.jpg

 


 

 

作品には、「今日本人である私が

海外発祥である飛び出すしかけ作品をつくるということ」

に対しての私なりの答えを、

パーツの形や数、中央線からの距離や仕草、余白、

動かさずに留めておいてる部分、色の変化、配色に込めてあります。

 

続く最終審査は9月15日〜17日にボストンで行われる

コンファレンスで発表とのことです。

 

 

さて。

滅諦にない吉報に今一番感じるのは

いつも応援してくれる家族や友達や先輩がたが

自分以上に喜んでくれる事への感謝と幸せ、

そして早くそれを返せるようになりたいという焦りと恐怖です。

 

 

どうなるかなぁ〜。

 

 

なんだか色んな事が重なって心身共にびっくりしたのか

ファイナリスト発表後に夏風邪をひき、

それがまだ長引いているのですが(笑)、

最終審査の結果が出るまでできる事をがんばります。

 

それでは以上、お知らせでした。

 

Hiromi

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/09/02   武田 裕美

Fuchsiaの型紙、完成しました

fuchsia_2.jpg

 

今日は朝から雨。

 

子供の頃、雨の日は外で遊べないかわりに

いつも家で工作していたので

大人になっても雨の日はいつもより

「さぁ作るぞ!」という気持ちが高まります。

 

 

さてさてフクシアの作品づくりについて。

前回日記を書いたところから随分と進行し、

現在型紙完成までを終えました!!!

 

今日はここに至るまでの工程を少し振り返ろうと思います。

 

 

 

まずは型紙設計。

 

いつも作る前には完成後の作品の姿をイメージします。

そしてそこに向かってとにかく手を動かし、

試行錯誤を繰り返します。

 

思いつく色々なしかけを試したり、

動きを組み合わせたり。。

閃くスピードと手を動かすスピードがどんどん加速していく末には、

大抵いつもすごく複雑な型紙ができあがります。

 

 

ここまできたら、一旦我にかえります。

 

 

「こんなにもの過剰表現が、本当に必要?」

 

 

次は、それまで足していたしかけやパーツを

躊躇せず剥ぎ取ったり切り取って、

要らないしかけを取り除く作業です。

 

なので不必要になったパーツが層になって机が埋まっていきます。

 

 

fuchsia_2.jpg

 

 

また、全体のうちしかけが占める面積というか、

台紙の余白面積には特に慎重になるので、

この段階で台紙上下の白場バランスを調整します。

 

 

fuchsia_3.jpg

 

 

こうしてメインのしかけや何をどこまで立体にするか、

何を動かして何は敢えて動かさないかが決まれば、

数日間型紙を触らずあまり見ない日を設けます。

 

本当にこれでOKかどうかを確かめる大事な時間。

 

 

OKなら型紙精製へ。

NGならOKになるまで修正。

 

 

さてどうなるか、緊張の日々です。

 

 

では、今日はここまで。

みなさま雨だけど良い一日を♪

 

 

Hiromi Takeda

 

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/01/29   武田 裕美

for designページに新しい6作品を追加しました。

 

fordesign_news.jpg

ようやく、ようやくのお知らせです。

 

 

先日HPのfor designページへ

密やか~~に画像アップしていた6作品を、

満を持してご紹介!

 

 

(実を言うと昨年末には掲載の許可をいただいてたのですが、

どんな風に日記に書こうか試行錯誤し過ぎてたら

日が暮れるどころか年が明けました(笑)

すみません。ごめんなさい。)

 

 

ともあれまず商品説明をしますと

名前は「ジブリがいっぱいPOP-UP k!t」といいます。

スタジオジブリ作品で特に印象的なシーンを、

型紙をくり抜いて折って組み立てることで

自分でポップアップにできるキットです。

 

 

このキット製作にあたって私は、

設計者(pepar engineer)としてお話を頂戴し、

場面デザインと型紙設計を担当させていただきましたin2015

というわけです。

 

 

安心してください。

詳しい組み立て説明書付きです。

 

最後には付属のハードカバーで製本できるので、

作り甲斐も見栄えも抜群です。

 

 

もし手にしていただけたなら、

お好きな場面を平面から立体に、そして動かして、

作品の世界に入り込み全部を体感しながら

丁寧に慎重に、情景を生み出す楽しさを味わっていただきたいです。

 

 

 

 

私自身としてはこの設計は、

集めていただいた資料と、

映画をつくったみなさま・このアイデアを形にしようとしているみなさま・

形にするための絶対的な技術をもったみなさまの想い、

 

選ばれた場面の意味、情景、主人公たちの想いを、

 

どれだけ汲みとれて、どれだけ型紙に込められるかという

大きな挑戦でした。

 

 

paper-engineerとしてこの上ない機会を与えてもらったからには、

終始ワクワクゾクゾク火照りながら(たまに冷や汗も流しながら)

全身全霊で設計させていただきました。

 

 

 

型紙設計以降の工程でも

色んな試行錯誤や難問と歓喜とが入り乱れて、

やっと形になった商品です。

 

 

お近くのスタジオジブリ作品販売店”どんぐり共和国”、Amazonなどで

みなさまに手にとっていただけます。

2015年の私の机の上の時間が、どこにどなたに繋がるんだろう。

手にとっていただけるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

なにはともあれ、

いままで飽きも懲りもせずにずっと暖かく見守ってくださっている皆さまに、

おかげさまで何かしら形になり始めたよという事がお知らせできること、

私はそれが一番嬉しいです。

 

 

いつもありがとうございますね。

 

 

 

Hiromi Takeda

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/01/07   武田 裕美