for art

Fuchsiaの型紙、完成しました

fuchsia_2.jpg

 

今日は朝から雨。

 

子供の頃、雨の日は外で遊べないかわりに

いつも家で工作していたので

大人になっても雨の日はいつもより

「さぁ作るぞ!」という気持ちが高まります。

 

 

さてさてフクシアの作品づくりについて。

前回日記を書いたところから随分と進行し、

現在型紙完成までを終えました!!!

 

今日はここに至るまでの工程を少し振り返ろうと思います。

 

 

 

まずは型紙設計。

 

いつも作る前には完成後の作品の姿をイメージします。

そしてそこに向かってとにかく手を動かし、

試行錯誤を繰り返します。

 

思いつく色々なしかけを試したり、

動きを組み合わせたり。。

閃くスピードと手を動かすスピードがどんどん加速していく末には、

大抵いつもすごく複雑な型紙ができあがります。

 

 

ここまできたら、一旦我にかえります。

 

 

「こんなにもの過剰表現が、本当に必要?」

 

 

次は、それまで足していたしかけやパーツを

躊躇せず剥ぎ取ったり切り取って、

要らないしかけを取り除く作業です。

 

なので不必要になったパーツが層になって机が埋まっていきます。

 

 

fuchsia_2.jpg

 

 

また、全体のうちしかけが占める面積というか、

台紙の余白面積には特に慎重になるので、

この段階で台紙上下の白場バランスを調整します。

 

 

fuchsia_3.jpg

 

 

こうしてメインのしかけや何をどこまで立体にするか、

何を動かして何は敢えて動かさないかが決まれば、

数日間型紙を触らずあまり見ない日を設けます。

 

本当にこれでOKかどうかを確かめる大事な時間。

 

 

OKなら型紙精製へ。

NGならOKになるまで修正。

 

 

さてどうなるか、緊張の日々です。

 

 

では、今日はここまで。

みなさま雨だけど良い一日を♪

 

 

Hiromi Takeda

 

≫ 続きを読む

お知らせ   2016/01/29   武田 裕美

Fuchsiaの作品づくり開始

fuchsia.jpg

 

こんにちは。

関東の方は雪だとニュースで聞きましたが、

こちら関西は昨晩から続いていた土砂降りの雨が

ようやく止みました。

そちらはいかがでしょうか。

 

さて今日は、
2016年のつくり初めでスタートさせた作品について少し。
 
 
画像のスケッチをご覧の通り(?)、
今年最初の作品モチーフは、
「フクシア」という花に決めました。
 
 
既に基本となるしかけは決定し、
今は詳細を詰めているところです。
 
まぁここがいつも一番試される工程で、
表現したい時空間と型紙がバッチリ合うまでは
自分との戦い。
 
 
私の場合大概一旦は
パーツが入り組んだかなり複雑な型紙になります。
 
 
やりたいこと全部試して複雑にしたおして、
それからやっと無駄&過剰なところを
切り裂いたり引き剥がしたりします。
 
 
だから最終形態だけ見ると、
途中の複雑さをイメージ出来ないぐらいシンプル。
 
 
初めからシンプルな形で設計できたらいいんですけどね。
何故か私はそういう創り方ができないみたいです。
 
 
 
 
なんて色々書いたところで
 
 
「ていうか、え?去年までやってた花菖蒲の作品、
まだ途中なんじゃないの?」
 
っていう声が今にも聞こえてきそう(笑)。
 
 
 
でもご安心を。
フクシアの型紙が完成次第、
花菖蒲の型紙も一緒にスキャン→データ作成し、
その後の彩色へも同時に進めようと思っています。
 
 
 
 
とりあえず気持ちと手が今はフクシアに集中しているので、
この勢いに委ねてまずは型紙完成までもっていきます。
 
 
 
また制作工程の日記、書きます。
 
 

Hiromi

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

花のポップアップ   2016/01/18   武田 裕美